高信頼性やに入りはんだ


GTH-RMA

高信頼性やに入りはんだ

スルーホール上がりが良好なはんだ付けロボット対応のやに入りはんだ。
フラックスはRMAタイプ。
酸化した基板においても、優れたはんだ付け性を実現しています。

特徴1:スルーホール基板のはんだ付けにおいて、安定したはんだ付けが可能です。

評価 スルーホールはんだ付け試験(引きはんだ)

■ 評価方法: 部品を挿入したスルーホール基板に、はんだ付けロボットで引きはんだ付けを行う。
コテ先温度 : 350℃



特徴2:ポイントはんだ付けにおいて、安定したヌレ広がりを有しています。

評価 ポイントはんだ付け試験

■ 評価方法: はんだ付けロボットでポイントはんだ付けを行う。
コテ先温度 : 320℃、350℃、380℃

特徴3:はんだ付け時のフラックス飛散を抑制します。

評価 飛散試験

■ 評価方法: 感熱紙の上に両面銅ベタ基板を置き、はんだ付けロボットでポイントはんだ付けを行う。感熱紙に飛散したフラックスを確認する。
コテ先温度 : 320℃、350℃、380℃


特徴4:コテ先食われ対策合金(LFM-48M)にも対応しています。

合金組成一覧へ